海外では普通の選択肢|低資金でも開業できる|夢を形にしてみよう

低資金でも開業できる|夢を形にしてみよう

海外では普通の選択肢

紙幣

決断は早くする

日本の企業は会社を永続的に存続させることを重点的に考える傾向があります。しかし最近では、会社を売却して終了させることを考える経営者が増加しています。この理由の一つに、後継者問題があります。後継者は親族である場合と、その会社の役員である場合があります。特に創業者である社長は、会社を自分の子供のようにかわいがっている傾向があり、会社を誰かに継続させることが一般的であると考える傾向にありました。しかし親族であっても自分の人生は自分で決めることが普通になっている現在では、後継者がいない場合も少なくないのです。そのため、会社売却という選択肢を採用するケースも増加しているのです。会社売却は、最後に利益を確保することができるメリットもあるのです。

後継者問題を解決

海外では会社売却を行うのは一般的です。M&Aなどを利用して会社を高額に売却して終了させることは経営者の埃にもなっているのです。これは会社はあくまでも自分の財産を築くための道具として考えているためで、最後の会社売却こそがその集大成と考えられているからです。日本でも後継者問題から会社売却を行うケースが増加していますが、業績が絶好調の段階で売却を決断する人はまだ少ないのが現状になっています。会社の売却は買い手があって初めて成立する取引です。そのため、売却はできる絶頂期に売却する方が高額で売却できるものなのです。そのため後継者問題が浮上したらすぐに売却も視野に入れて経営活動を行う事が得策になっているのです。