開業時の心を忘れない|低資金でも開業できる|夢を形にしてみよう

低資金でも開業できる|夢を形にしてみよう

開業時の心を忘れない

レストラン

経営のプロ

店舗開業は、販売や飲食業のプロでは成功率は低い現実があります。オーナーである故に経営のプロでなければならないのです。スタッフと同じことをしている場合もありますが、頭の片隅には経営者として常に新しいことを考えている必要があるのです。取り巻く環境は年々厳しくなっています。大手チェーン店の展開や、顧客ニーズの多様化など店舗経営は簡単ではないのです。しかしその中でも着実に成果を出している店舗はあります。店舗開業時にはパッとしなかった店も着実に売り上げを伸ばすなどできている店もあります。共通していることは経営のスタイルがしっかりとしている事です。経営がきちんとなされていないと店は傾きます。経営は数字を見るだけではありません。新しいことにチャレンジすることも経営判断なのです。

チャレンジ精神

店舗開業時には、いろいろと夢を見ます。しかし現実とかけ離れている事を実感すると目の前の処理に追われることが多くなります。そのため、チャレンジすることもいつしか忘れてしまうのです。成功している店の経営者はとにかく考えることを続けます。チャレンジする内容が尽きた瞬間次のステップが絶たれてしまうのです。そして顧客ニーズをしっかりと理解する準備ができています。あくまでも主役はお客様です。言動や行動の細かいところを逃さない気づきの姿勢が大事になります。知恵を出すことに執着する点も共通点です。そしてチャレンジする勇気です。実行しなければ何も変わらないのです。さらに欠点を魅力に変えるなど発想の転換や、ポジティブシンキングが重要なのです。店舗開業時の心を忘れてはならないのです。